高山製菓「なめらかぷりん」やさし~い味です!

ショップ

千葉県南房総市にある高山製菓の「なめらかぷりん」を購入しました。
と、言ってもお店に行ったわけではなく、房総半島に遊びに行った際に立ち寄った「道の駅 富楽里とみやま」で見つけてきました。
ホームページの情報では、高山製菓は大正時代から続く家族で経営している老舗の和洋菓子店だそうです。(お店の外観は老舗の和菓子屋さんという感じです。)
地元で取れる食材を使った「びわ饅頭」や「生クリーム大福」などの和菓子だけでなく、フルーツをふんだんに使用したケーキなどのおいしそうな洋菓子も販売しています。
そして地元の牧場でとれた牛乳と卵を使ったプリン、こちらもおいしそうですよ!
↓↓↓高山製菓のホームページはこちら↓↓↓
南房総市にある髙山製菓|絶品和スイーツ、生クリーム大福。 (takayamaseika.jp)



道の駅では3個パックのプリンが販売されておりました。
ふたに「南房総の牛乳でつくりました。」とありますが、南房総は日本酪農発祥の地であることをご存じでしょうか?
戦国時代に軍馬を育てる目的で「嶺岡牧場」が創られましたが、その後江戸幕府が直轄、8代将軍吉宗が馬の改良に力を入れ外国産の馬を輸入したところ、一緒に白牛3頭が入ってきました
白牛は年々繁殖し、1793年からは搾った牛乳から将軍への献上品として白牛酪が作られ、その後庶民にも販売されるようになったことが日本の酪農のはじまりとなっています。
※白牛酪とは、白牛の乳を砂糖で固めたもの。
もちろん今でもおいしい牛乳が作られています!
その牛乳を使ったプリンですので、期待しちゃいますね~!


さて、ふたを開けてみると、おや?牛乳の膜が固まったような表面が現れました。
「なめらかプリン」だけど固そうにも見えますね~
原材料は牛乳、生クリーム、卵黄、砂糖、トレハロースと自然な感じです。
なるほど生クリームも入ってて、なめらかでおいしいのかも!


では、まずはプリンをひとさじいただきます。
表面はやはり固めで弾力がありますが、中はやわらかく蒸しあげられてます。
最初のひとくちはなんと、ナチュラルチーズっぽい味が感じられました!
え~どうしてでしょうね~?
やっぱり南房総の牛乳の力でしょうか、おいしいです!


中の方を食べ進むとカラメルがじゅわっとあふれ出てきました~!
カラメルは薄い色でサラサラしており、苦味はあまり感じられません。
プリンの方が甘さ控えめなので、カラメルをからめて食べるとおいしさアップです。
優しい味のため、牧場の牛がのんびり草を食んでいる風景が浮かびますね~のどか~。
お値段は3個パックで570円(税込)と、こちらもお財布にやさし~い。
南房総を訪れた際には、お店に寄ってみてはいかがでしょうか?

【Data】
・内容量:110gくらい
・原材料:牛乳(南房総産)、生クリーム、卵黄、砂糖/トレハロース
・保存方法:10℃以下
・賞味期限:3日間
・製造者: (有)高山製菓

👇👇👇応援ポチッとお願いします!👇👇👇

にほんブログ村 スイーツブログへ にほんブログ村 スイーツブログ お取り寄せスイーツへ にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

にほんブログ村

グルメランキング

👆👆👆応援ポチッとお願いします!👆👆👆

👇👇👇独自に選ぶオススメプリンはこちらからどうぞ!👇👇👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました