Rose Cafe Rococo「昭和プリン」

Rose Cafe Rococo

千葉県木更津市にあるカフェ&洋菓子店Rose Cafe Rococoの「昭和プリン」を購入しました。
と言っても購入したのは、近くにある道の駅「木更津うまくたの里」です。
お店のブログによると、バラの季節限定で4月~7月、10月〜11月にカフェをOPENしており、現在はお庭のバラのお手入れ中といったところでしょうか?
道の駅「木更津うまくたの里」では、プリンの他、ココアのシフォンケーキなども販売しているそうです。
春には350本以上のバラが見られるそうで、その時期に訪問してみたいなぁと思います。
↓↓↓Rose Cafe Rococoのブログページはこちら↓↓↓
千葉県木更津市Rosecafe Rococo 〜手作りスイーツとともに、350本のバラの香りに包まれて〜 (ameblo.jp)

↓↓↓道の駅「木更津うまくたの里」のページはこちら↓↓↓
「道の駅木更津 うまくたの里」公式サイト|木更津市初の道の駅 (chiba-kisarazu.com)


さて、プリンですが「昭和プリン」の名前から、固めの懐かしい味が想像されます。
瓶に入ったプリンがさらに袋詰めされており、お土産にもよさそうですね!



ちなみにRococo(ロココ)とは、十八世紀にフランスで流行した美術・建築などの装飾様式で、繊細で複雑な飾りを多く用いた華麗な曲線模様が特色となっているものだそうです。
でも、おそらくそちらではなく、澄んだ杏色の色調とウェーブの入る花弁が魅力的な、大輪つるバラの”Rokoko”からネーミングされたのでしょうね~
赤い帯ラベルに品名とバラのイラストが描かれています!


ふたをあけるときれいに蒸し上がっているプリンが出てきました。
表面がツルツルとテカっていて、固めな感じが見て取れます。
原材料は、牛乳、卵、砂糖だけです。
昔ながらの味が楽しめそうです!


スプーンをさすと、やっぱり固め、かなりの抵抗感があります。
よいしょっと持ち上げて、では、いただきます。
うん、やはり固めでしっかりと歯ごたえがあるというか、食べ応えがあります。
プリン自体には甘みは少なくて、そのためか卵の味がより感じられます。
保存料や着色料、香料までも使っていない自然な味ですね~


最下層にはカラメルソースがありますが、少し食べ進めてから一緒にからめます。
お、このカラメルは苦めが強く、固めのプリンに合いますね~
私好みでおいしいです!
固めなのでひっくり返すことができれば見栄えもいいのですが、この容器ではしかたないですね。
昭和を感じさせる懐かしの味でした!

【Data】
・内容量:110gくらい
・原材料:牛乳(国産)、卵、砂糖(国内製造)、(一部に卵・乳成分を含む)
・保存方法:要冷蔵(10℃以下)
・賞味期限:2~3日間
・製造者:Rose Cafe Rococo

👇👇👇応援ポチッとお願いします!👇👇👇

にほんブログ村 スイーツブログへ にほんブログ村 スイーツブログ お取り寄せスイーツへ にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

にほんブログ村

グルメランキング

👆👆👆応援ポチッとお願いします!👆👆👆

👇👇👇独自に選ぶオススメプリンはこちらからどうぞ!👇👇👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました